MINI-DESIGN
2013 / 07   «« »»  
01
M
 
02
T
 
03
W
 
04
T
 
05
F
 
06
S
 
07
S
 
08
M
 
09
T
 
10
W
 
11
T
 
12
F
 
13
S
 
14
S
 
15
M
 
16
T
 
17
W
 
18
T
 
19
F
 
20
S
 
21
S
 
22
M
 
23
T
 
24
W
 
25
T
 
26
F
 
27
S
 
28
S
 
29
M
 
30
T
 
31
W
 
meaning of mark :: nothing , trackback
«« TruFocals〜焦点距離を自在に操るメガネ | ブログトップ | イギリス車 »»
«« カテゴリ内前記事(TruFocals〜焦点距離を自在に操るメガネ) | さとちー日記 | カテゴリ内次記事(トップページ更新) »»
2009/08/24
TruFocals〜焦点距離を自在に操るメガネ


ご存知の通り、私達の目はオートフォーカスです。
目の中の筋肉でレンズの厚みを換えながら、目標とする物体に焦点を合わせるのです。
カメラのオートフォーカスも同じ原理です。

しかし、筋肉を自由に操れなくなってくると、その補正をするためにメガネやコンタクトレンズを使うのです。
私もメガネ愛用者の一人なのですが、これまで何度かメガネを作り直してきました。
フレームのデザインを換えて見る事で、何だか顔のイメージが変わるのでは?と思って換えた事もあります。
しかし、メガネ愛用者で運転免許保有者の多くは、免許更新時に焦点が合いにくくなったレンズを換えた事もあると思います。

では、カメラのように焦点距離を変えられるメガネはあるのでしょうか?


凡人の私には考えもしないメガネが・・・
ありました。
TruFocals〜焦点距離を自在に操るメガネ
TruFocalsといいます。
お値段は10万円ほどするようですが・・・。

TruFocalsでは、1枚のレンズが実際には柔軟性のあるレンズと形状が変化しないレンズの2枚で構成されている。柔軟なレンズ(目に近い側)は伸張性の膜を持ち、それが外側の透明で硬いレンズと合わさっている。2枚のレンズの間には少量の透明な液体が入っており、ブリッジ部分のスライダを動かすと、液体が押されて柔軟なレンズの形状が変化し、それによってレンズの度が変化する。これは、みなさんが若いころにご自身の眼球のレンズが行っていたのと同様のことだ。

はい、現物見ないと想像もつかないメガネです。
透明な液体を入れているのは、顕微鏡でエマルジョンオイルというカバーガラスと対物レンズの間にオイルを入れる アレ と同じ理論なのでしょう。

ご興味をお持ちの方、英語サイトになりますがTruFocalsのサイトをご覧下さい。
いや〜、面白い事を考える人もいるものですね。
光学機器では偏光フィルターのように2枚のレンズを回転させて位置関係を変化させ、効果を得る物もあります。
その応用のような感じもしますので、レンズ部分が円形なのは仕方なさそうですね。


さ、このメガネ、売れるのでしょうか?


メガネはデザインを換える事で、その人の雰囲気も変えてしまいます。
ですから、たまに買い換えるのも良いのかと・・・思ってしまうのですが?
posted at 2009/08/24 22:32:29
lastupdate at 2009/08/24 22:35:04
修正
 


Trackback URL

クリップボードへコピーする場合は こちらをクリック(Win+IEのみ)

▼トラックバック
TruFocals〜焦点距離を自在に操るメガネ :: MINI-DESIGN
blog name :: プラダ メンズ
at 2013/07/09 11:01:36